新しい時代の賃金の仕組み

<新・人事評価賃金制度の基本>

制 度 名

内  容

@ 実力資格制度

・従業員の実力を知る → 賃金と見合っているか?

・従業員に将来の挑戦課題を明示する

A 目標面接制度

・半期の仕事の目標

・「できるだけ頑張る」から「何をどこまで」への変更

B 執務態度制度

・規律性 → 気持ちの良い会社

・責任性 → 安心して取り引きのできる会社

・協調性 → みんなの力を感じる

・積極性 → そこまでやってもらえるの

C 人事考課制度

・公平な評価.   → 納得性を高める

・課題を見つける → 何を教育すべきか、その対策を見つける

・長所を見つける → 良いところを見つける

・公正な評価.   → 気持ちよく働ける環境を作る

D 育成制度

・個人別課題への育成 → 1人ずつの仕事ぶりに見合った個人教育

・職種別レベル別育成

E 能力活用制度

・昇給、降給により実力によりレベルにあったランク付けができる

長所の活用と長所を誉める

F 処遇制度

・評価に見合った支払い    → 納得性を高める

・働き振りに見合った支払い → 頑張り具合を反映

・業績を正しく配分        → 業績を基準に正しく分配し納得性を

                      高める

・経営実態にあった配分

 

 人事考課は健康診断のようなものです。私達は毎年決まった時期に定期検診を受けます。

 身体が正常か異常かチェックし、万が一異常があれば早期に手を打つのが狙いです。

 人事考課は仕事振りの健康診断とも言えます。

yajirusi

 <従業員の働き振りを複数の視点より公平・公正に評価します。>

 @ 仕事振りやその結果

 A 執務態度(規律性・責任性・協調性・積極性)

 B 実力

 

<新・人事評価賃金制度の目的>

・会社が生き残るために、まずは会社の財産である従業員のモチ

 ベーションを上げていきたい

トータル人事制度で対応

・従業員にわかりやすい、理解しやすい人事制度を

トータル人事制度で対応

・従業員が自分の3年後、5年後の姿をイメージできる制度にしたい

@ 実力資格制度、

F 処遇制度で対応

・退職金制度を、水準や原資の貯め方、支払い方法を含めて見直

 しを行いたい

F 処遇制度で対応

・手当類(残業代含む)を整理し、分かりやすい賃金制度にしたい

F 処遇制度で対応

・何をどのように頑張れば給料はどのように変わるのかを明確に

 したい

A 目標面接制度、

B 執務態度制度、

C 人事考課制度、

F 処遇制度で対応

・従業員の頑張りを明確に測る人事考課制度を導入したい

C 人事考課制度で対応

・将来的な人件費の変動を睨みながら適切な賃金制度を導入したい

F 処遇制度で対応

 

up